教室直通 0120-12-59-12

受付時間:10:00~22:00

電話

ブログ

NEWS & BLOG

文法の定着とオリジナルテキスト

 カテゴリー:ブログ > 英語多読  書いた人:

こんにちは、スタッフの岩根です。ローカスの毎週の授業は英検に特化した授業と、英語多読多聴の時間を組み合わせて行っています。

英検特化の授業の5~3級では特に文法を使いこなせるように指導しています。

本番の英検の文法問題は選択式です。しかし選択式だとなんとなく選べて〇になる子も、実は理解できていないという事がよくあります。 学習した直後は分かったつもりでも、時間が経つとAre you play tennis?などbe動詞と一般動詞で混乱したりします。

文法指導で、「しばらくすると忘れて混乱してしまう子」と、「時間が経っても定着している子」を見分けるのは「一文を自分で書けるか」です。

なのでローカスでは一文を自分で書けることにこだわっています。

すぐに書けるようになるか、そうでないかのスピードは人ぞれぞれ違います。ローカスでは一人ひとりが吸収できるだけの量のアドバイスをするように心がけています。

自分で一文を書くと、生徒は本当にいろいろな文を書きますし、それを通して生徒の理解の仕方が垣間見ることができます。いろいろある間違いですが、ローカスでは、細かい間違いはあえて直さないこともあります。語順の間違いやbe動詞と一般動詞の混同などの大きな間違いが見られた時は繰り返し指導していく一方、 two coffeesなどの間違い(正しくはtwo cups of coffee)などは細かいミスとして、優先順位低めで考えます。

その子の理解度によって細かいミスを指摘する段階なのか、まずは大きな骨格から押さえていくべきなのかを見極めて、その子が一歩一歩ステップアップしていけるようにサポートしています。

英検の文法が選択式なので、世の中にある対策本は選択式になっている事が多いです。しかし、それでは本当の理解度を測れないため、ローカスでは一文が書ける事をゴールにしたオリジナルのテキストを使用しています。一文を自分で書けるようになった時、英検の問題は楽々解ける状態になっています。

小さな頃から英会話に通っていてなんとなく話せるけれど、文法はデタラメな気がする・・というお問合せもよくいただいています。

ぜひ一度ローカスの授業を体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。