教室直通 0120-12-59-12

受付時間:10:00~22:00

電話

ブログ

NEWS & BLOG

パズル道場について

 カテゴリー:ブログ > パズル道場  書いた人:

最近パズル道場の問い合わせが増えてきました。
主に小学生のご家庭ですが、中には就学前のお子様を持つご家庭からの問い合わせもチラホラ。

パズルによる知育をご家庭などでも少しやってみて(書籍などを買って)、「子どもがもっとやりたいと言ったので」という理由で、検索してこられる保護者の方も増えてきています。
昨今の教育改革で「知識より思考力」と言われだす前から、思考力を重視したパズルによる知育は大きな成果を上げているため、安心してパズルをお選びいただけるようです。

思考力と空間イメージ力の育成

パズル道場では、特に細かいレベル設定と、何十にも及ぶ種類のパズルにより、空間イメージ能力や仮説思考力を様々な角度から鍛えてくれるプログラムとなっています。

正直、中学生を教えていて、図形、特に空間図形でのイメージがわかない生徒には、どんなに丁寧に説明してもイメージがわいてない生徒が少なからずいます。これは生まれ持ったセンスでなく、幼少期にどれだけそういう頭の使い方をしたかに大きく依存しています。そのため、小学生、できれば低学年のうちにパズル道場の各種問題に触れ、苦手な問題がないか、あれば簡単なレベルから反復することで、その苦手を克服しておくことが将来の可能性を大きく広げることにもなります。

「教えない」の徹底

またパズル道場では、「教えない」を徹底しています。ご存知の通り、通常の勉強では、「解法を学び、それを反復で身に着け、テストで確認」というのが、日本の教育の絶対的な主流になっています。そのため、習っていない(もしくは覚えていない)ことに対して子どもは「習ってない、できない、無理」をすぐに言います。
普段、子どもを教えていて、分からないと決めて、考えることを止めてしまったり、やる気を引き出すためにヒントを与えてると、今度は大人から答えを引き出すことに意識が行ってしまったりする経験はありませんか?

その点、パズル道場では、「パズルの答えを最初から知っている人はいない。どんな達人も考えてその問題を解くんだ」ということを最初にインプットします。そして、「教えない」を徹底することで、子どもたちが「分からない、無理」を言わずに、もくもくと問題と向き合うようになります。

パズルなので楽しい!

パズルの良いところは、子どもが勉強よりも遊びに近い感覚で取り組んでくれることです。
小さな「できた」を積み重ねることは子どもにとっても楽しいことであることは間違いなさそうです。パズル道場の授業を終わって、楽しかった?と聞くと皆迷わず、楽しかったと答えてくれるところに、このプログラムを展開する喜びを感じます。

楽しくてかしこくなる、このプログラムを是非ご体験ください。

無料体験は随時受け付けています。是非お気軽にお問い合わせください。